カテゴリー別アーカイブ: クリーニング 洗剤

クリーニングの洗剤は何が良いのか?

こんにちは!
健康と美容のネットショップ「宝珠」
を運営しております、宝珠やすらぎグループ
の花形政恵です。

9月に入り、少し涼しくなりましたね。
夏の終わり、秋の訪れを感じます。
季節の変わり目は、体調を崩しやすいので、
体調管理には、十分気を付けましょう。

さて、本日は
「クリーニングの洗剤」
に関する記事を書きたいと思います。

クリーニングの方法(洗濯方法)を
大きな視点で分類すると、以下の
2つになります。

1.水に合成洗剤などの各種洗剤を用いて行うランドリー
2.揮発性溶剤を用いるドライクリーニング

前者は、一般家庭でよく使われている
合成洗剤による洗濯ですね。

そして、後者はクリーニング屋さんで
よく使用されているクリーニング
洗剤になります。

では、ここで、それぞれの特性
について簡単に説明致します。

■合成洗剤とは・・・?

石油など油脂以外の原料を用いて合成される
洗剤を合成洗剤と言います。

溶解性が大きく、洗浄力に優れ、繊維を
傷めにくいという利点があります。

あなたの家庭で使用している洗剤も
恐らく合成洗剤だと思います。

■揮発性溶剤とは・・・?

これは、一般家庭ではあまり見かけない
かも知れません。クリーニング屋さんで
よく使用されている溶剤です。

ドライクリーニングという言葉を
よく聞きますよね。そのドライクリーニング
で使用する溶剤になります。

合成洗剤では、水を使って洗いますが
このドライクリーニングの場合は
水の代わりに揮発性溶剤で衣類に
付着した汚れを取り除きます。

・油性汚れをよく落とす
・型くずれや収縮が起きにくい
・風合いが変りにくい

というメリットがあります。

■合成洗剤と揮発性溶剤の中間的な洗剤とは?

合成洗剤は、一般家庭用で水を使う洗剤、
揮発性溶剤は、クリーニング屋さん
のようなプロが使い、水は使わない

簡単に説明するとこんな感じです。

でも、この中間のような洗剤があります。
世間一般では、あまり知られていない
家庭用のドライ洗剤です。

自宅で簡単にできる
「ドライクリーニング用洗剤」
と表現すれば分かりやすいかも
知れませんね。

このドライ洗剤の一つに、今から説明する
クリーンアップ」という洗剤
があります。

クリーンアップは、溶剤を水で薄め
漬け込むだけで汚れをスッキリ
落とすことが出来ます。

この洗剤の特徴は、活性剤・酵素・溶剤の
バランスにあります。

活性剤で汚れを水中に乳化・分散させ、
更に落ちにくい汚れを酵素が分解し、
溶剤で油汚れを溶かしこむ仕組み
になっています。

これら三つの相乗効果に因り、ただ
漬け込むだけで汚れを落とす
ことができるのです。

わざわざクリーニング屋さんに
出さなくても、自宅でドライクリーニング
ができてしまうので、非常に経済的です。

クリーンアップ愛用者の声をお聞きください!

三浦恵子様 58歳 専業主婦(埼玉県)

私は数年前初めて家庭用ドライ洗剤があることを知り、
驚いた記憶があります。と言うのも下着や作業服以外は
全てクリ-ニング店へ出すものと思っていたからです。

一部製品を除く多くの衣料品が自宅で洗える事が
驚いた理由でした。

数種類のドライ洗剤を試してみて気が付いたことは、
殆ど効果に大差が無いと言う事でした。

では何故、今は「宝珠クリーンアップ」を
使用しているのか?と申しますと
他商品に比べて「安い!!」の一言です。

効果が同じなら「安い」に越したことは
ありませんので。。。

ドライ洗剤「クリーンアップ」のご購入はこちらをクリック!

本日は、一般的な洗濯も含めた「クリーニング」
に使用する洗剤に関するお話しをしました。

参考にして頂けると幸いです。

PR:土壌汚染・地下水汚染調査・浄化対策のアサノ大成基礎エンジニアリング